サウナハットは効果ない?タオルで代用できる?おすすめ素材は?いらない派の意見もご紹介

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!

入浴剤&サウナ大好き薬剤師です。

おしゃれなサウナハットが

1つ欲しいなぁ

最近、サウナハットを愛用している方が多いですよね。

頭を熱から守ってくれるので、長い時間サウナを楽しみたい方におすすめアイテムなんです♪

しかし、まだまだ浸透してないので
「効果あるの?」
「タオルじゃダメなの?」
「盗まれそう」

という意見もあるんです。

よって、今回は「サウナハット」のいろはをまとめました。

この記事でわかること
  • サウナハットの効果(メリット)
  • サウナハットのデメリット
  • タオルで代用できるか
  • サウナハットがいらない人
  • サウナハットおすすめの素材
  • サウナハットの忘れ物・取り間違い・盗難防止策

お気に入りの「サウナハット」が見つかるように、おすすめ商品もご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

スポンサーリンク

【メリット】サウナハットの効果とは?

サウナハット効果

「サウナハット」は、サウナのときに頭や髪を熱から守るためにサウナ室の中で身につけるチューリップ型帽子です。

発祥はドイツ。そのあと、フィンランドでも使われるようになりました。

サウナの熱から身体を守ってくれたり、サウナの効果をよりUPしたりする便利アイテムなんです♪

そんな「サウナハット」のメリット5つをご紹介します。

サウナハットの効果①髪を熱から守る

サウナハットの1番の効果は「頭を熱から守ってくれる」ことです。

サウナの温度はだいたい80℃~90℃。
さらに熱いサウナだと100℃になる場合も!

髪はほとんどがタンパク質です。
よって、熱によって硬くなる性質があるんです。

特に濡れている髪は熱のダメージを受けやすいんですよ。何度も100℃以上の熱に触れることで、髪に空洞ができやすくなり、パサつきや薄毛、フケの原因となってしまいます。

そこで、サウナハットを被ることで、熱から髪を守り、水分も逃げにくくなるので、髪が傷みにくくなります。

サウナハットの効果②のぼせるのを防ぐ

サウナ室にしばらくいると、どんどん顔が熱くなってきませんか?

わたしも熱すぎるサウナは苦手なので、しんどくなって数分で出てしまう時もあります。

サウナで顔が熱くなる理由は、暖められた空気は足先から頭の方へと身体の上に向けて移動するので、頭が高温の熱にさらされてしまうから。

サウナハットは、頭を熱から守ってくれるので、のぼせ防止に繋がります。

サウナ内でテレビを見たい方や、数分で耐えられなくなる方におすすめですよ。

サウナハットの効果③顔の乾燥や火照りを防ぐ

サウナは高温の熱に全身包まれる&日本のサウナは乾燥タイプが多いので、熱さやカラカラの空気がしんどい方もいますよね。

顔がほてってボーッとしてしまい、途中でサウナから出てきた経験もあるのでは。

そんなとき、サウナハットがあれば、頭の熱を防げるのでのぼせやお肌の乾燥にも効果的です。

さらに、サウナの熱で耳や頭皮が痛くなることもありませんか?そんなときはサウナハットを耳を覆うように被ることで、耳へのダメージも軽減してくれますよ!

サウナハットの効果④サウナに集中できる

サウナでじっくり集中したいのに、話し声や周囲の音、人の視線が気になるときがありますよね。

そんなときは、サウナハットを深くかぶって視界を遮ったり、大きいサウナハットをかぶったりすることで、サウナにより集中できます。

簡易的なマインドフルネスに没頭することもできます♪

サウナハットの効果⑤サウナをおしゃれに楽しめる

サウナといえば、基本裸+タオルですよね。

どちらかというと、おしゃれとは程遠い空間でした。

しかし、サウナハットがあれば、サウナでもおしゃれができるんです。

いろんなデザインや素材のサウナハットがあり、オーダーメイドもできるので、サウナでもおしゃれを楽しむことができます。

サウナ―同士で会話のきっかけにもなりますね♪

【デメリット】サウナハットはいらない?

サウナハットいらない?

サウナハットを被らない人はどんな人?

まだまだ、サウナ施設でサウナハットを被っている人を見かける機会は少ないですよね。

次に、「サウナハットはいらない」と感じている人の主な理由は4つです。

  1. 荷物が増える
  2. 恥ずかしい(目立つ)
  3. 持ち運びがめんどくさい
  4. 必要だと感じたことがない

それぞれ詳しくみてみましょう。

荷物が増える

サウナにハマるほどサウナグッズにも興味が出てきますよね。

荷物が増えると、忘れてしまう可能性も洗濯ものも増えます。

仕事帰りにプラッと寄りたい方にとって、荷物が増えることは手間に感じるかもしれません。

恥ずかしい(目立つ)

サウナハットを被っている方をどれくらい見たことがありますか?

わたしは、地方に住んでいるからか…まだ一人も見たことがありません笑!

特に、地元の方ご愛用の銭湯やサウナ施設だと白い目で見られるかもしれません。

「サウナでリラックスしたいのに視線が気になる」という方は、若者が多い施設に変える方が良いかもしれませんね。

持ち運びがめんどくさい

サウナハットは、サウナ室から出ると脱ぎますよね。

サウナ前後の、水風呂・休憩時・入浴時の持ち運びめんどくさい問題が浮上します。

持って歩く荷物が増えるのは、地味に痛い。

しかし、最近は浴室に「サウナハット掛け」がある施設も増えているんです。

なんだかサウナハットを歓迎してくれてる施設な気がして、利用しやすいですね♪

必要だと感じたことがない

最後は1番シンプルな意見です。

「サウナハットに必要性を感じない。」

昔からサウナに通っている方々なら、サウナは熱くてなんぼじゃ!な所があるのかも。

どんな意見でもかまいませんが、サウナハットを使っている人を白々しく見るのはやめてほしいですね泣

サウナハットの代用でタオルはOK?

サウナハットはタオルでもOK?


「サウナハットではなくてタオルで良いじゃないか」

という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、タオルではなくサウナハットが主な良い理由が3つあります。

サウナハットとタオルの違いを知って、サウナ時間を効率よく過ごしましょう。

タオルを頭に巻くと重たい

サウナのときに頭に巻くタオルは、湿らせて絞ったものだと防熱効果がありそうですよね。

しかし、水分を含んだ(さらに時間が経つとタオルが汗を吸う)タオルを頭に巻くのは、重みで首がこりそうです。

薄いタオルだと頭への負担も少なそうですが、その分断熱効果も減るので注意ですよ。

タオルは抗菌抗臭作用がない

タオルは吸水性が高いため、湿った状態が長くなります。

サウナ室だと頭に汗をかいたり蒸気でタオルが濡れたりしますよね。

長時間濡れたタオルを放置すると、雑菌やにおいの元になります。

サウナハットの場合は、抗菌防臭効果があったり、メッシュ生地など乾きやすい生地があったりするんです。サウナが増えると頭皮が臭くなるなんて悲しすぎますもんね。

タオルは断熱性が少ない

本来のタオルの使い方を考えると、吸水性はありますが、熱を遮断する効果はないですよね。

さらに生地も薄いものが多いです。

反対に、サウナハットは「頭部を熱から守る」ことを第一に考えてつくられています。

よって、「サウナで熱を防止する」ときは、圧倒的にタオルよりサウナハットがおすすめです。

さらに、サウナハットはサイズが大きいものや、様々な素材があります。

しっかりかぶると音や光をシャットアウトできたり、顔全体を熱から守れたり、軽い素材でサウナの邪魔にならなかったりで、サウナの質を上げてくれるんですよ。

サウナハットの素材の種類

サウナハット素材

サウナハットを選ぶときの主なポイントは

  1. 素材
  2. 値段
  3. デザイン

ですよね。

さらに、「使い続ける手間が少ないこと」も重要になってきます。

考えられる手間
  1. 自宅で洗濯できる素材か
  2. 乾燥しやすいのか
  3. 干しやすいか
  4. お手入れが必要な素材か

よって、今回は素材に注目して、サウナハットを選ぶ方法をまとめました。

素材①:ウール

ウール素材のサウナハットの特徴は、1番ポピュラーな素材であることです。

また、少量の水ははじいてくれるし、吸水性があるため汗のじっとり感を防いでくれます。

メリット「ウールフェルト」は1番ポピュラー
値段が安価なものが多い
断熱性がある
耐久性がある
吸水性がある
デメリット洗濯機で丸洗いできない(手洗い+陰干し)

素材①:リネン(綿、麻)

リネン素材のサウナハットの特徴は「手入れのしやすさ」です。

お値段も手ごろなものが多く、はじめてサウナハットを使う方におすすめ♪

メリット手入れ不要
通気性がある
折り畳める
持ち運びしやすい
洗濯機で丸洗いできる
手ごろな価格
デメリット断熱性が低い
耐久性が低い
デザインがシンプル

素材②:フェルト(羊毛)

フェルト素材のサウナハットの特徴は、羊毛で作られているので、断熱性に優れていることです。

デザイン性に富んだおしゃれなサウナハットが多いですよ。

メリット断熱性が高い
耐久性が高い
デザイン豊富
値段が安価~高価なものがある
デメリット毛羽立ち等の手入れがいる
折り畳めないタイプが多い
洗濯機で丸洗いできない(手洗い+陰干し)
手入れが必要

素材③:タオル地

タオル素材のサウナハットの特徴は、軽くて手入れしやすいのが特徴です。

「サウナハットが気になるけど恥ずかしい」方には、1番手に取りやすい商品です。

メリット防臭効果
乾きやすい
肌触りがいい
折り畳める
洗濯機で丸洗いできる
比較的安い
デメリット毛羽立ち等のお手入れが必要
シンプルなデザインが多い


素材④:メッシュ

メッシュ素材のサウナハットの特徴は、何度使ってもヘタレない生地の強さです。

シンプルでクールなデザインが多いので、男性が使いやすいです。

メリット通気性がよい
乾きやすい
断熱性が高い
耐久性が高い(1番長持ち)
折り畳める
洗濯機で丸洗いできる
デメリットシンプルなデザインが多い
肌が弱い方にはおすすめできない


【対策】サウナハット忘れ物・取り間違い・盗難対策

サウナハット対策

サウナハットを施設に持っていくうえで気を付けることが3つあります。

① 忘れやすい
② 人のサウナハットと取り間違える
③ 盗難被害にあう

どれもテンションがすごく下がりますよね。
それぞれの対策をまとめたので、ぜひ活用してみてください♪

忘れないための対策

通気性が高く持ち運びに便利な「スパバック」がおすすめ!

メッシュタイプ等の水に強い素材が多く、サウナ内の荷物置きに置いておけます。サウナグッズ一式を入れておけば、サウナ通いのときにも便利ですよ。

取り間違えないための対策

  • キーホルダーをつける
  • ピンバッチをつける
  • 刺繍をする

サウナー心が疼くようなキーホルダーやピンバッチがたくさんあるんですよ!サウナの邪魔にならないように、重たくないもの&熱くならないものを選ぶとよいですね。

さらに、サウナハットを購入した店舗によっては、名前を刺繍してくれるところもあります。

盗難防止にもつながりますね。

盗まれないための対策

1番めんどくさいですが、ロッカーに返すのが盗難被害にあわないためにはおすすめです。

または、壁にくっつく吸盤を持ち運んでおくと、水風呂や浴槽にはいるときにかけて置けます。

サウナハットは効果ない?まとめ

「サウナハットは効果」についてまとめました。

サウナハットの効果

サウナハットの効果①髪を熱から守る
サウナハットの効果②のぼせるのを防ぐ
サウナハットの効果③顔の乾燥や火照りを防ぐ
サウナハットの効果④サウナに集中できる
サウナハットの効果⑤サウナをおしゃれに楽しめる

タオルよりもサウナ向きのメリットも多いうえに、種類が豊富なので、きっとお気に入りのサウナハットが見つかりますよ。

ぜひ、サウナグッズの一つに加えてみてくださいね。






タイトルとURLをコピーしました