パリジェンヌラッシュリフトで二重になった?!一重や奥二重まぶたの仕上がりは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

こんにちは!

パリジェンヌラッシュリフト歴1年半の薬剤師あひろーるです。

わたしは、大学生の頃まで奥二重の日もありましたが、

年齢を重ねた&まつ毛施術のおかげでぱっちり二重になりました✨

実は同じような事例で、

パリジェンヌラッシュリフトで

少し瞼が重い方
奥二重の方
二重だけど線が薄い方で
二重の線が入りやすくなる方がいるんです♪

アイプチやアイテープもくい込みが良くなる
という嬉しい効果が!!

でも、目元やまつ毛の状態によっては、一重の方や奥二重の方がパリジェンヌラッシュリフトで二重になることができなんです。

どんな人がパリジェンヌで二重になるの?
どんなまつ毛だとパリジェンヌの満足度UPするの?

今回は、そんな疑問を解決していきますね♡

スポンサーリンク
  1. パリジェンヌラッシュリフトとまつげパーマの違いは?
    1. 「まつ毛パーマ」とは
    2. 次世代パーマ「パリジェンヌラッシュリフト」とは
    3. 「まつパ」と「パリジェンヌ」の仕上がり
  2. パリジェンヌで一重や奥二重が二重になった?!口コミ
    1. 一重と奥二重が施術した結果①
    2. 一重と奥二重が施術した結果②
    3. 一重と奥二重が施術した結果③
  3. 一重や奥二重の人におすすめの理由5つ
    1. ①リフトアップで二重幅ができることがある
    2. ②アイシャドウ&アイラインが見えるようになる
    3. ③目に光が入ってくるようになった
    4. メイクが楽になる
    5. マツエクのような違和感がない
  4. 一重や奥二重の人は「パリジェンヌ」と「まつパ」どっちがおすすめ?
    1. 〔NG〕パリジェンヌがほとんど見えないor物足りない
    2. 〔OK〕まぶたがリフトアップされて二重になった
  5. 一重や奥二重の人がパリジェンヌをかけるときの注意点
    1. パリジェンヌをする日はアイプチNG
    2. パリジェンヌの例(仕上がり)をSNSで見ておく
    3. パリジェンヌの持ちが悪いときがある
    4. 反対に目が小さく見えることがある
  6. 「一重や奥二重でパリジェンヌが上がらない」ときの対策
    1. ①まつ毛美容液でまつ毛を育てる
    2. ②まつ毛の医療用のお薬でまつ毛を育てる
    3. ③マツエクと併用する
  7. 「まつ毛が上がりすぎて変」なときの対処法
  8. パリジェンヌラッシュリフトで二重になった!まとめ

パリジェンヌラッシュリフトとまつげパーマの違いは?

パリとまつパの違い

まず、パリジェンヌラッシュリフトとは「次世代パーマ」と呼ばれています。

よって、まつ毛パーマの一種なんですよ♪

「まつパ」と「パリジェンヌ」で大きく異なるのは、
「施術のときに使う薬剤」と「まつげのカールをかける部分(まつげ全体or根元)」です。

それぞれのパーマの特徴をご紹介しますね。

「まつ毛パーマ」とは

まつげパーマは、「自まつ毛をロッドで巻き、薬剤を使ってまつげ自体にカールをかけるパーマ」のことです。

♡まつげパーマの特徴♡

・ロットでまつ毛自体をカールする
・カールのデザインが選べる
(C・D・Jカール)
・仕上がりなナチュラル
・〇カール×長さ
・エクステと同時につけられない
・まぶたのリフトアップ効果はない
・使用する薬剤は髪のパーマ剤と同じ(パリジェンヌラッシュリフトに比べると傷みやすい)

わたしは、「まつ毛パーマ」では物足りなく感じたので、「パリジェンヌラッシュリフト」に変えた元奥二重です。

次世代パーマ「パリジェンヌラッシュリフト」とは

パリジェンヌラッシュリフトは「根元から80°まつ毛を立ち上げるパーマ」のこと。

♡パリジェンヌの特徴♡

・まつ毛を80度立ち上げる
・自まつ毛が“最大限”長くみえる
・デザインを選べない
・エクステと同時につけられる
・まぶたのリフトアップ効果がある
・使用する薬剤は、化粧品登録されているセッティング剤を使用うため、自まつ毛が傷みにくい

パリジェンヌラッシュリフトは、「まつ毛です!!」ていう感じに、強調してくれるので笑、とても気に入って1年半ほど続けています。

「まつパ」と「パリジェンヌ」の仕上がり

「まつ毛パーマ」と「パリジェンヌラッシュリフト」は施術は“パーマ”というくくりですが、仕上がりが全然違います。

ズバリ✨
まつげパーマは「カール重視」
パリジェンヌラッシュリフトは「根元の立ち上げ重視」

「カール重視」の方は、デザインも豊富な「まつ毛パーマ」がおすすめ♪

しかし、カールのし過ぎで、先毛が内側まで回り込み長さがあるように見せられないパターンもあります。そんな時は、まつ毛を最大限長く見せてくれる「パリジェンヌラッシュリフト」がおすすめです。

パリジェンヌで一重や奥二重が二重になった?!口コミ

二重になった口コミ


次に、一重や奥二重の方が「パリジェンヌラッシュリフト」の施術をするときの結果をご紹介します。

Twitterやインスタ等のSNSでたくさんの症例を確認できるので、いろんな角度の写真を見て検討してみてくださいね。

一重と奥二重が施術した結果①

▼薄く二重線がある一重
▼まつ毛が下がっている

「目元のリフトアップ」で、二重になっていますね!まつ毛もとても長く見えます♪

一重と奥二重が施術した結果②

▼まぶたが重め
▼まつ毛の根元が見えづらい

先ほどより、まつ毛の根元までは見えなくても、目元がリフトアップすることで、まつ毛がはっきり見えるようになっていますね♡

一重と奥二重が施術した結果③

▼まぶたが重い一重
▼まつ毛の根元が見えづらい

マッサージ&まつ毛を育てたことで、パリジェンヌの効果がUPして「ハッキリと二重」になっていますね。

素敵な努力で勇気をもらえます!

一重や奥二重の人におすすめの理由5つ

おすすめの理由

パリジェンヌは「まつ毛が根元から立ち上がる」施術なので、まぶたが重く重なりがちな目元や二重線がはっきりない目元でも、“ぱっちりした目”になれる方もいるんです♪

※個人差はあります🥲

そのほか、一重や二重の方でパリジェンヌがおすすめの理由を5つご紹介しますね。

①リフトアップで二重幅ができることがある

個人差があるうえに、一時的なこともありますが、パリジェンヌうっすらと二重幅ができることがあります。

理由は、パリジェンヌでまつ毛の根元から上がったリフトアップのおかげ。

アイテープも入れやすくなるので、お出かけ準備が楽になりますよ♪

②アイシャドウ&アイラインが見えるようになる

一重や奥二重だと、アイシャドウやアイラインが埋もれてしまいますよね泣

しかし、パリジェンヌでまつ毛の根元が見えるようになると、アイシャドウやアイラインが生えるようになるんです。

「せっかく可愛いアイパレットを購入しても意味がない」と落ち込んでいた方 に1度はおすすめしたいです。

③目に光が入ってくるようになった

パリジェンヌでまつ毛が一切視界に入ってこなくなるので、特に“下がりまつ毛”の方はパリジェンヌのビフォー・アフターでびっくりされると思います!

目に光が入ってがキラキラしていると、お顔の魅力がさらにぐっと増すんです。

視野も広がるので、「なんだか素敵♡」とテンションあがること間違いなしです。

メイクが楽になる

一重や奥二重だと、「まつ毛を下げる力」が強いので、ビューラー+マスカラ+ホットビューラーをしても、数時間でまつ毛が落ちてしまうこともありますよね。

しかし、パリジェンヌで根元までくっきりあがったまつ毛だと、ビューラーやホットビューラーの時間をカットできます。

マスカラが塗りやすくなるし、24時間上向きまつげになりますよ♪

マツエクのような違和感がない

パーマよりもマツエクのほうが“目力UP”を感じますよね。

しかし、人工的にエクステをくっつけているので、どうしても“違和感”が生じます。

さらに、マツエクだとクレンジングといったお世話も大変。

しかし、パリジェンヌは“自まつ毛をあげている”施術なので、違和感がなくなります♪

さらに、マツエクよりも持ちが良いのでコスパ的にも◎

一重や奥二重の人は「パリジェンヌ」と「まつパ」どっちがおすすめ?

どっちが良いの?

パリジェンヌでは“すべての一重や奥二重の方”におすすめできるわけではないです。

ポイントは、
「まぶたの状態」と「まつ毛の状態」

なので、まぶたの状態とまつ毛の状態によっては、“二重の方”でも、パリジェンヌでは、満足できない方もいるんですよ!

パリジェンヌがおすすめの方と、おすすめできない方のパターンをご紹介します。

〔NG〕パリジェンヌがほとんど見えないor物足りない

「パリジェンヌラッシュリフトの効果」で、“ぱっちりな目”をGETできる方はどんな目元なんでしょうか?

パリジェンヌは、根元から毛先まで真っ直ぐ80度立ち上げる施術です。

よって、1番綺麗に仕上がるのは、「まつ毛にまぶたがかかっていない&目頭の粘膜が目を開けたときに見えやすい二重の方」のまつ毛がキュッ↑とあがって、目元が一気に華やかになります。

反対に、「まぶたが重くてまつ毛にかかっている」「自まつ毛がとても短い」「蒙古襞がとても厚い」方は、上がったまつ毛がまぶたに押されて、パリジェンヌの効果が分かりにくくなってしまいます。

残念ながら一重や奥二重の方は、「目を開けたとき、まぶたの皮膚が自まつ毛の根本に当たってしまう」方が多いんです。

まぶたの皮膚が自まつ毛の根本に当たることで、まぶたの皮膚がパリジェンヌであげたまつ毛を上から押してしまって“根本の立ち上がり”が弱くなります。

パリジェンヌは、まつ毛パーマのように「自まつ毛にカールをつける方法」ではないため、“まつ毛の根本の立ち上がり具合”が仕上がりに左右されます。

根本の立ち上がりが弱くなると、自まつ毛がまぶたに埋もれてしまって見えづらくなります。

その結果、“まぶたの脂肪が厚く重めの一重まぶた”の方や”まぶたの皮膚のたるみが少ない二重まぶた”の方だと、「パリジェンヌをしてもそんなにまつ毛が上がらない」「なんだか物足りない」ことに繋がるんです。

〔OK〕まぶたがリフトアップされて二重になった

パリジェンヌラッシュリフトはまつ毛を80度上げてくれるので、きゅっと立ち上がった自まつ毛が、まぶたの皮膚を支えてリフトアップしてくれます。

実は、この“パリジェンヌのリフトアップ効果”は、一重や奥二重の方ほうが実感しやすいんです♪

一重や奥二重の方のまぶたは、目を開けたときに皮膚が内側に織り込まれないので、目元の皮膚のたるみによって目が小さく見えることがあるんです。

しかし、パリジェンヌのリフトアップ効果で目元がすっきりして“まぶたの脂肪が薄めの方”だと、一時的に二重まぶたになるor二重まぶたのような線ができることがあります。

一重や奥二重の人がパリジェンヌをかけるときの注意点

パリジェンヌ注意点

一重や奥二重の人がパリジェンヌをかける場合、いくつか注意事項があります。

実際にアイラッシュサロンでパリジェンヌを施術する前に、気をつけたほうがいいことを一通り確認していきましょう。

注意点

パリジェンヌをする日はアイプチNG
パリジェンヌの例をSNSで見ておく
パリジェンヌの持ちが悪いときがある
反対に目が小さく見えることがある

順番に解説していきますね♪

パリジェンヌをする日はアイプチNG

一重や奥二重まぶたの方は、アイプチを使う方が多いですよね。

しかし、パリジェンヌを施術する日はアイプチの使用はやめておきましょう。

パリジェンヌの施術は、シリコン製の小さなシート(ロッドといいます)をまぶたに直接貼りつけて、ロッドの上に自まつげを引き上げることで、まつ毛を80度引き上げます。

しかし、アイプチで“まぶたの皮膚が突っ張られている”とまつ毛の引き上げ具合が均等でなくなって、まつ毛の仕上がりがバラバラになることがあります。

また、アイプチをしていると、目を完全に閉められなくてパリジェンヌの施術中に使用する薬剤が目に入ってしまう可能性もあるので危険ですよ!

パリジェンヌの例(仕上がり)をSNSで見ておく

パリジェンヌの仕上がりは、「まぶたの厚み」「自まつ毛の状態」「目の形」でとても個人差があります。

一重や奥二重の方だと、「思っていたよりもまつ毛が上がらなかった」とガッカリするかもしれません。

パリジェンヌはまつ毛パーマよりもお値段が高い施術なので、SNS等で自分の目に近い方の仕上がりを確認してからいくと、ギャップが減りますよ。

さらに、実際にパリジェンヌをかけてみないと仕上がりがわからないことも多いです。

なので、試しに1度かけてみることもありです。

全国のパリジェンヌを施術してくれるサロンは、「ホットペッパービューティー」で簡単に探すことができます。はじめてだと“クーポンが使えるサロン”が多いので、お得にお試しできますよ♪

さらに、アイリストさんの技術も「パリジェンヌの仕上がり」に大きく関わるので、口コミをしっかり確認しましょう!

パリジェンヌの持ちが悪いときがある

パリジェンヌは大体3週間~1ヵ月半くらいの間隔で施術すると「ぱっちり目元」をキープできます。

しかし、一重や奥二重の方で、「まぶたの皮膚が根本に当たることでまつ毛が上から押されて、まつ毛の立ち上がりが弱い」とパリジェンヌの持ちが悪くなることがあります。

どうしても、日常的に“自まつ毛が上から押される力”が日常的に加わってしまうので、平均より早くまつ毛が下がってしまうんです。

金銭的に負担を感じる方は、他の施術に変える方がよいかもしれません。

反対に目が小さく見えることがある

パリジェンヌラッシュリフトだと、反対に目が小さくなる方もいます。

パリジェンヌで根元からガッツリまつ毛をあげるために、少しだけ見えている「わずかな二重幅」がまつ毛で消えてしまうんです。

まつ毛パーマだと、デザインが選べるし、まつ毛全体をカールさせるので調整することができます。

しかし、パリジェンヌはあくまで「まつ毛を80度上げる」施術なので、まつ毛が二重を隠してしまう可能性もあります。

顔がきつく見える原因にもなるので、要注意です。

「一重や奥二重でパリジェンヌが上がらない」ときの対策

まつげあがらない対策

パリジェンヌは、「まぶたの厚み」「自まつ毛の状態」「目の形」で仕上がりが変わるんでしたね。

一重や奥二重の方以外でも、自まつげが短くて細い方はパリジェンヌの効果感じにくいんです。

よって、まつ毛を育てることで、パリジェンヌのまつ毛が立ち上がる効果を実感できるようになりますよ♪

①まつ毛美容液でまつ毛を育てる

パリジェンヌは、自まつが長くて太くてコシがあるほど綺麗に立ち上がるので、自まつげが強調されてまつ毛の立ち上がりがわかりやすくなります。

わたしも、マツエクからパリジェンヌラッシュリフトに施術を変えてから、まつ毛美容液でコツコツまつ毛を育ててきましたが、ぐんぐんまつ毛が成長しています。

まつ毛が苦手な乾燥や熱から守って栄養を与えることで、まつ毛は驚くほど長くなりますよ♪

一重や奥二重でパリジェンヌの効果が実感できなかった方でも、まつ毛を育てることでパリジェンヌの効果を実感できるようになります

実際に使用して効果を感じたまつ毛美容液をこちらからチェック♪

②まつ毛の医療用のお薬でまつ毛を育てる

まつ毛が極端に細い・短い・弱い方は、「まつ毛貧毛症」かもしれません。

そんなときは、美容クリニックや眼科で医療用のまつ毛外用薬を処方してもらえます(保険は効かずに自費になります)。

さらに、最近ではオンラインで自宅に居ながらお医者さんの診療を受けられて、お薬も自宅に届くサービスもあるんですよ✨

現在、初回2,178円&初診料無料キャンペーン中なので、「まつ毛をしっかり育てたい方」は試してみる価値はありますよ。

③マツエクと併用する

パリジェンヌラッシュリフトはマツエクと違って、「マツエクとの併用」ができます。

マツエクにも、パリジェンヌのようなまつ毛のリフトアップ効果があります。

マツエクで使用するエクステは上向きに作られているため、エクステのハリでまつ毛をリフトアップできる効果が高いんです。

よって、「パリジェンヌでは仕上がりがイマイチだった…」と感じた方は、マツエクを一緒につけるのもひとつの手ですよ♪

「まつ毛が上がりすぎて変」なときの対処法

上がりすぎた対策

パリジェンヌラッシュリフトはまつ毛の根本から上がるために、まつ毛を最大限に長く見せてくれます。

しかし、一重の方や奥二重の方や、目が小さい方がパリジェンヌラッシュリフトをすることで、まつ毛が上がりすぎて、「まつ毛がまぶたに張り付いた感じになる」方もいます。

結果、“まぶたにまつ毛を書いたような仕上がり”や“糊でまつげを上にくっつけたような仕上がり”になって、ガッカリしてしまう方もいます泣

パリジェンヌでまつ毛が上がりすぎたときの対処法をこちらの記事で紹介しているので、参考にされてみてください。

パリジェンヌラッシュリフトで二重になった!まとめ

まとめ

今回は、パリジェンヌラッシュリフトで二重になった方の口コミや、二重にならない方の特徴をご紹介しました。

パリジェンヌの仕上がりは、
「まぶたの厚み」
「自まつ毛の状態」
「目の形」

で大きく変わります。

特に、「自まつ毛の状態」はまつ毛を育てることで変えることができます。

まつ毛美容液を使ったり医療用のまつ毛のお薬で本格的にケアしたりすることで、まつ毛の太さやコシや長さが出てくるので、ぜひ試してみてくださいね♪


タイトルとURLをコピーしました