ラッシュのバスボムは掃除が大変?詰まりの原因別(ラメ・花びら・紙吹雪)掃除法

こんにちは!あひろーるです。

ラッシュの入浴剤と言えば、キラキラのラメや本物のお花が入っていて可愛いですよね♡

しかし、「掃除が大変そうだから使いたくない」との声があるんです。

本当にお掃除が大変なのか?!

・ラメ入りバスボム
・花びら入りバスボム
・紙吹雪入りバスボム
・バブルバー

上記の4つの掃除の仕方を今回はご紹介します♪

スポンサーリンク

ラッシュのバスボムは掃除が大変?ラメの掃除の方法とは

LUSH(ラッシュ)のラメが入ったバスボムは人気商品のひとつ♪

全部で15種類のラメ入りバスボムがあるんですよ!
(期間限定商品もあり)

ラメの掃除方法

ラメの掃除方法は、お湯を抜いた直後にシャワーでを流すだけ!浴槽についたラメは綺麗に流れます。

1番のポイントは「お湯を抜いた直後にシャワーで流すこと」
時間を置くとラメが浴槽に張り付いてしまうので要注意です!

また、ラッシュはラメの素材にもこだわりがあります。

ラッシュではプラスチックを使用しない地球にも人にも優しい、新しいグリッターの開発に取り組み始めました。現在、ソープ、バスボム、ボディパウダーなど、キラキラと輝きにあふれる商品に使われているグリッターは天然鉱物からつくられた合成マイカを使っており、すべてプラスチックフリーです。

引用元:LUSH(ラッシュ)公式HP

環境にやさしい素材なので洗い流してもOK!

ラッシュで1番有名でベストセラー商品の「インターギャラクティック」もラメがたくさん入ったバスボムです。「ラメが心配だから」と、インターギャラクティックのつくるお風呂の宇宙空間が体験できないのはもったいない!

ぜひ、ラメ入りバスボムもチャレンジしてみてくださいね。

花びら入りのバスボムの掃除はザルですくうと良い♪

LUSH(ラッシュ)には、ドライフラワーが入ったバスボムもあります。

全部で6種類のお花が入ったバスボムがあるんですよ!
(期間限定商品もあり)

お花の掃除方法

お花の掃除方法は、網ざるで簡単にすくうことができます。

お子さんと入るときは「お花取りゲーム」で、誰が早くお花を集められるか競争すれば楽しくお掃除ができますよ♪

お花を湯船に広げない方法

お掃除重視なら、お茶パック等の不織布にバスボムを割って入れて使うとお花が浮きません。

バスボムの綺麗な割り方はこちらでわかりやすく解説しています。

お花が広がる世界観は体験できないけど香りは楽しめます♡

または「黄金の眠り バスボム」という商品なら、モスリン生地という薄い織物の中に、ラベンダーとローマンカモミールのオイルが花とともに入っています。

織物ごと湯船に入れるので、お花の掃除を心配する必要がないですよ!

紙吹雪入りのバスボムはストッキングを使うとGOOD!

LUSH(ラッシュ)には、期間限定で「紙吹雪」や「アカモク(海藻)」が入っているバスボムがあります。

細かくてお掃除が大変そう…。

ですが!2つの簡単な掃除方法がありますよ。

掃除方法①

排水口にストッキングを詰め込む。

ストッキングなら使用後の水が流れるうえに、細かい紙でもキャッチしてくれますよ♪

掃除方法②

排水口にゴミ取りネットを敷いてから放水する。

手で押さえておく必要はありますが、有効な手段です♪


ビッグブルーという名前のバスボムはアカモク(海藻)が入っています。

黒いので「ゴミが浮かんでいるみたい」とガッカリされる方もいるみたい。

ストッキングでバスボムを包むか、100均のゴミ取り網で包んで湯船にいれると、海藻が広がることもないですよ♡

ラッシュで掃除がしやすいのは「バブルバー」

LUSH(ラッシュ)の商品で最も掃除しやすいのは、泡風呂ができる「バブルバー」です♪

1個で3~4回使用できてコスパがいいうえに、泡風呂なので、終わったらサッとシャワーで流せばOK!

泡のクオリティも高く、ふわっふわな泡風呂を楽しむことができますよ。

泡風呂の作り方や実際のレポはこちらの記事でチェック♡

排水口のつまりが気になる方は、ぜひバブルバーをお試しください。

ラッシュのバスボムの掃除は大変じゃない♪

「LUSH(ラッシュ)のバスボムは掃除が大変そうだから使えない…」はもったいない!

今回は①ラメ②花びら③紙吹雪が入っているバスボムの掃除の仕方をご紹介しました。

どの方法も簡単ですぐできるものばかり♪

また、ラッシュのバスボムは多くの種類があるので、お店にいる店員さんに相談してみてくださいね。

\LUSH(ラッシュ)の入浴剤がもったいなくて使えないを解決/

タイトルとURLをコピーしました