ホテルでの入浴剤の使い方|旅先のお風呂を楽しむ豆知識

こんにちは!あひろーるです。

入浴剤大好き薬剤師で、Instagramで100種類以上の入浴剤を紹介したことがあります♪

わたしは、旅行大好き地方女子なので、よく旅行へ出かけます。なので、ホテルの使い方には自信あり♪

今回は
「ビジネスホテル」のお風呂で快適に過ごす方法をご紹介。

出張が多いビジネスマンや
コスパ良く旅行を楽しみたい方におすすめですよ♪

スポンサーリンク

ホテルのお風呂の種類は3つ

まず、ビジネスホテルのお風呂の種類は3種類あります。

3点ユニットバス
引用元:相鉄フレッサイン

バスタブと洗面台とトイレが同じスペースに設置されているお風呂

海外の家によくあるタイプです。

コストを抑えるとユニットバスのことが多いんですよね。

湯船があるのは嬉しいけどちょっと窮屈かも…

バス・トイレ別
引用元:リッチモンドホテル プレミア浅草

一般的な家庭のお風呂と同じですね。

身体を洗う場所と浴槽が分かれているので、ゆっくりとお風呂を満喫できます。

バス・トイレ別だったときは「ラッキー♪」と思っています。

大浴場
引用元:Relief 国内ホテル 

ホテルに大浴場が付いてるときって幸せですよね♡

もちろん、大浴場は入浴剤を使うことが使えません。

しかし、温泉地からお湯を持ってきていることも多く上質なお風呂を楽しめます。

ホテルのユニットバスで快適な入浴剤の使い方

1番狭くてゆっくりバスタイムを楽しむにはコツがいる「ユニットバスタイプ」で入浴剤を使う時のコツをご紹介しますね。

ユニットバスタイプで快適にお風呂に入る順番はこちら

  1. シャワーで湯船を軽く洗い流す
  2. 40℃くらいのお湯を半分までいれる
  3. 入浴剤を入れる
  4. お湯が7割まで入ったら湯船につかる
  5. 沈み込んで肩までお湯につかる
  6. 髪と体を洗う
    ※お湯を抜きながら
  7. 洗い終わったらお湯を入れ直すかシャワーを浴びて終わり

特に重要なポイントは2つ。

ポイント1)先にお湯を入れておく

お湯がたまるのって結構時間がかかります。旅行中ってなるべく早く寝たいですよね。

ポイント2)入浴剤はお風呂に浸かる前に入れる

サクッと快適なバスタイムを楽しむため、栓をしてお湯を入れ始めたと同時に入れておきましょう♪

アメニティの入浴剤は持ち帰ってもいいの?

ホテルによっては、入浴剤を準備してくれてるところもありますよね。

引用元:ホテルバリアンリゾートなんば心斎橋店

基本、使い切りのものは持ち帰ってもOKです。

よって、「今日は自分で持ってきた入浴剤を使いたいなぁ」というときは

持って帰ってお家で別に機会に使いましょう。

わたしの場合は、持って帰るときにかさばりそうな入浴剤を使うようにしてます

ホテルのお風呂のカーテンってどうしてる?

ビジネスホテルのユニットバスタイプってカーテンが付いてることが多いですよね。

「カーテンがあるのに入浴剤使っても大丈夫かな?」と心配にもなるかも。

カーテンの基本的な使い方はこちらです♪

《入浴の時》
入浴時にはカーテンは湯船の外側に垂らしておく
→必ずバスマットを敷いておくこと

《体を洗うとき》
シャワーを使用するときは内側に垂らしておく
→洗面台や床を濡らさないため

入浴剤がカーテンについたときは、シャワーでよく流しておくとGOOD♪

ホテルでおすすめの入浴剤3選

わたしが実際に旅行時に持って行って「気持ちよかった♪」と感じた入浴剤をご紹介。

荷物を減らすために個包装タイプを持っていくのがおすすめですよ。

クナイプ

個包装でも50g入っているタイプがあるので、小さなバスユニットなら2人分の量になり荷物も減らせるのがオススメポイント♪

香りの種類も豊富で、バスソルトでポカポカと暖まると、旅行の疲れが吹き飛びますよ♡

バブエピュール

香りが本当に最高の入浴剤♡

白い小さな泡を見ていると、疲れもふつふつと取れる気がしますよ。

バブ

安定安心の錠剤タイプのバブ!!

アメニティで置いているホテルも多いですよね。コスパも良く、甘すぎない香りは男性も楽しめます。

1錠をドポンと湯船に入れてバスタイムをお楽しみください♪

旅先でも入浴剤で快適なバスタイムを♪

旅行って、いつもより歩くし遊ぶし疲れも出てきますよね。

最終日まで思う存分楽しむために、入浴剤で快適なバスタイムをお過ごしください♪

タイトルとURLをコピーしました