バスクリン日本の名湯 口コミ【家で温泉ごっこに最適】

こんにちは!あひろーるです。

バスクリンで人気の「日本の名湯シリーズ」をご存じですか?

家のお風呂で本格的な温泉気分が満喫できる、こだわりの温泉タイプ入浴剤なんです。

今回はせっかくなので、「家で温泉ごっこ」しながら入浴剤を楽しむことにしてみました♪

温泉ごっこのポイントは3つ

①手軽にできる
②プチプラに楽しむ
③まったりタイムを演出

入浴剤で手軽にいつもと違う
バスタイムを満喫しましょう!

スポンサーリンク

日本の名湯 登別カルルスを実際に使ったわたしの口コミ

早速、「日本の名湯 登別カルルス」を使ったわたしの口コミをご紹介します。

まずは、ボトルのイラスト♡

「登別カルルス」の特徴が描かれてるんですよ♪可愛らしいですよね!


入浴剤の入れる量は30g

キャップに目安があるので、わかりやすかったです。

30gの目安線

登別カルルスがある北海道の自然を想像しながら準備したお風呂はこちら♪

北海道の自然をイメージして、観葉植物を置いてみました♪あとは、バスペーパーを入れて、自然の花びらも表現♡

乳白色のにごっているお湯は、「登別カルルス」の温泉とそっくり。“白すぎないにごり”が、温泉気分を高めてくれます。

香りは、「日本一のオゾン地帯・オロフレ峠の原生林から漂う、澄み切った大気の香り」だそう。

本物の登別カルルスの温泉は“硫黄の香り”がしますが、こちらの入浴剤は気分がホッと和らぐような香り。

マイルドで、子どもからお年を召した方まで楽しめそうな香りでした。

音や置物でゆったりする時間を表現。

「温泉ごっこ」には、お風呂上がりの瓶牛乳は必須♪火照った身体を優しく冷やしてくれるアイスも準備。

少し早めのお風呂を楽しんだので、入浴後はまったり読書を楽しみました。

(1日滞在型の施設だと漫画本が豊富に揃ってますよね)

アソートは至福の贅沢と通のこだわりとにごり湯の醍醐味から選べる

バスクリンの「日本の名湯シリーズ」は3つのタイプがあります。

まずは、7~9種類の温泉が楽しめる
<アソートタイプ>

日本の名湯 至福の贅沢
日本の名湯 通のこだわり
日本の名湯 にごり湯の醍醐味

の3つを楽しむことができます。


日本の名湯 至福の贅沢


<にごりタイプ>
登別カルルス
乳頭
山代
黒川
<透明タイプ>
鳴子
那須塩原
野沢
奥飛騨新穂高
美作湯原
道後


日本の名湯 通のこだわり

<にごりタイプ>
別府
紀州龍神
濁河(にごりご)
十和田蔦(とわだつた)
<透明タイプ>
熱海
十勝川モール
嬉野


日本の名湯 にごり湯の醍醐味

<にごりタイプ>
登別カルルス
十和田蔦(とわだつた)
乳頭
山代
濁河
紀州龍神
別府
黒川

Amazonの相場は500~600円くらい

まるで全国の温泉地を巡っているかのような気分になれます。にごり湯と透明湯の2種類選べるタイプも嬉しい。

実際に行ったことある温泉地だと思いでも蘇りそうですね♪

ボトルは熱海・別府・登別カルルス・乳頭

大きなボトルタイプで楽しめる温泉地の入浴剤もあります。

熱海
~海も山も望める首都圏から身近な温泉リゾート~

湯色赤橙色のお湯(透明タイプ)
香り爽やかな海と、山々の新鮮な果実と花の香り

別府
~山は富士、海は瀬戸内、湯は別府~

湯色薄鈍色(うすにびいろ)のお湯(にごりタイプ)
香り湯けむりの風の中に、ほのかに和柑橘を感じる温もりある香り

登別カルルス
~山々と海に囲まれた静寂な谷の里~

湯色乳白色のお湯 (にごりタイプ)
香り日本一のオゾン地帯・オロフレ峠の原生林から漂う、澄み切った大気の香り

乳頭
~癒しの森と湯めぐりの里~

湯色乳白色のお湯 (にごりタイプ)
香り乳頭山からの涼風が運ぶ、心落ち着く緑葉の香り

使い方は、お風呂のお湯(200L)に約30gの割合でよくかき混ぜながら入れます。

Amazonだと700円前後(15回分)で購入できますよ。

ご当地パッケージのイラストが可愛くて全部集めたくなりますね♪

個包装は8種類の日本の名湯が楽しめる

30gの入浴剤が5個入った<5包個箱タイプ>もあります。

・登別カルルス
・乳頭
・山代
・十和田蔦(とわだつた)
・紀州龍神
・嬉野
・美作湯原
・黒川

わたしが特に気になったのは、
日本三大美肌の湯に選ばれている里の紀州龍神嬉野


紀州龍神

湯色乳桃色のお湯 (にごりタイプ)
香り春の山々から漂う、優雅で清らかな花の香り


嬉野

湯色黄金色のお湯 (透明タイプ)
香りのんびりを漂う湯けむりと、ほのかな蜜柑の香り

5包で550円(税込)なので他のタイプより少し高めでした。

他の温泉地にもそれぞれ魅力的があるので、実際に行ってみたくなりますね♪

家で温泉の準備

「家で温泉ごっこ」するのに選んだ入浴剤は登別カルルス

イメージ図
引用元:登別カルルス森の湯山静館公式HPより

北海道にある「登別カルルス」
自然いっぱいのお風呂が特徴的です。

「登別カルルス」のイメージ図を想像しながら家で温泉ごっこの準備をしていきます。

温泉ごっこ準備

・お茶とお菓子を用意
・日本の名湯の入浴剤を用意
・明るい時間から入浴
・YouTubeで自然の音を流す
・観葉植物を置く
・キャンドルナイトで
 癒し空間を演出
・瓶牛乳を用意
・お風呂上がりのアイス
・お風呂後はゆったり読書

本格的に楽しむ方は「浴衣」や「御食事」や「のれん」も準備してました。

いろんなアイディアがあって面白いですね。

今回は手軽に楽しむ温泉ごっこなので、身近にあるもので満喫することにします!

「家で温泉ごっこ」に大満足

今回はバスクリンの「日本の名湯」登別カルルスを使って、家で温泉ごっこを楽しんでみました。

YouTubeで音楽を流したり、飲み物を準備するだけでもいつもと違うバスタイムを楽しめますよ。

ぜひ、お試しください♪

タイトルとURLをコピーしました